不用品の分別の仕方とは?ゴミ処分のルールと注意点

- 不用品はどう区別する?

不用品はどう区別する?

不用品回収をする際、大まかに分けるなら小さなごみと粗大ごみである。
業者と行政、どちらに頼むにしてもこの二つは料金に開きがあり、処分方法の手軽さも変わってくる。
小さなごみと粗大ごみ、うまく分別して効率的なごみ処理を目指してみたい所である。

まずは大きなごみと小さなごみを分けてみよう

まずは自分が捨てるごみを大きなごみと小さなごみで分けてみてほしい。
もし大きなごみが少なく、運ぶ手段があるなら自分でリサイクルショップに持って行ってはどうだろうか?
小さいごみが少なく大きなごみが多いなら、小さなごみだけ料金の安い行政に回収してもらい、大きなごみだけ業者に頼むのも有りだろう。
何も一つの業者、行政でごみを処理する必要はないのである。
ごみの数と種類によって、最適な処分方法を選択しよう。

粗大ごみを更に分別する

まず最初に、家具や冷蔵庫はもちろん、パソコンや液晶テレビなども粗大ごみに分類して話を進める。
大きめのごみを一気に捨てる場合は、始めに家電リサイクル法対象物とそうでない物に分ける。
そして対象物は家電リサイクル法に則って販売店に持っていくか、それが無理なら業者に回収してもらうか選択する。
対象外の物は売れる物と売れない物に分別する。
更に売れない物は大きさなどによって、幾つかの業者に見積もりを出してもらって一番安い所にお願いする。
かなり面倒なステップが必要になるが、このように一つずつ選択肢のように分別していくと効率的だ。

小さなごみと大きさごみ

引っ越しなどでごみを大量に捨てる時、意外とネックになるのが捨てるごみのサイズの比率である。
例えば小さなごみが大量にあるのに捨てる大きなごみはベッドだけ。
こうなると、「ベッドさえなければ料金を抑えられるのに……」という悩みが生まれてしまうのである。
しかし結局は面倒がって小さなごみと一緒に業者へ出す人が多いのだが、これでは当然料金が増えてしまう。
もしこのような場合なら、やはりベッドだけ安い不用品回収神奈川などの行政に回収してもらった方が得である。
逆に小さなごみが少なく大きなごみが多いなら、小さなごみはなるべく自分でリサイクルに出すのも手だ。
そして処分料金のかかる大きなごみを、トラック詰め放題サービスで一気に処理するのだ。
ごみの大きさによって処理方法を分別するのも、効率化の上で非常に有効な手段なのである。

楽よりも効率を重視するべき

大量のごみを楽に捨てたいと思うのは当然だろう。
もちろん楽を選ぶのがダメな訳ではないし、むしろ楽出来るように業者がサービスを提供しているのだ。
しかし楽を選びすぎると、必要以上にお金がかかってしまう事もある。
楽するのも良いが、粗大ごみ回収にしても何にしても、できるだけ効率を重視した不用品の回収を目指してみるべきである。


新着情報

◆2015/02/19
不用品はどう区別する?の情報を更新しました。
◆2015/02/02
粗大ごみのリサイクルの情報を更新しました。
◆2015/02/02
不用品を宅配便で回収してもらおうの情報を更新しました。
◆2015/02/02
不用品でエコ活動してみようの情報を更新しました。
◆2015/02/02
産業廃棄物をリサイクルしようの情報を更新しました。